母子家庭等緊急援護資金

母子家庭等の生活の安定を図るため,緊急に資金が必要な場合、一時的に資金の貸付を行っています。

対象者

県内(広島市及び福山市を除く)地区母子会が存在する住所を有する母子家庭の母,父子家庭の父、寡婦,父母のいない20歳未満の児童に行う。

資金の種別  貸付理由  貸付限度額 償還期間
生活安定資金 一般 経済的に困難な状態にある母子家庭等が緊急の理由で出費を必要とする場合 30,000円 3ヶ月以内
特別 特に経済的に困難な状態にある母子家庭等が緊急の理由で出費を必要とする場合 50,000円 6ヶ月以内
療養資金 母子家庭等の世帯の属するものが負傷し、又は疾病にかかり療養を必要とする場合 100,000円

3ヶ月以内

(特に必要と認められる場合は6ヶ月)

結婚資金 母子家庭等の世帯に属するものが結婚をする場合 100,000円 1年以内

利子

母子家庭等緊急援護資金の貸付金は、無利子とする。

保証人

  • 保証人は1人以上立てなければならない。
  • 保証人は借受を連帯して債務を負担しなければならない。
  • 保証人は原則として同一市町の区域に居住しているものする。
  • 借受者は母子家庭等緊急援護資金貸付申請書を地区母子会長に提出しなければならない。必要に応じ所得の状況を示す書類を添付しなければならない。
  • 借受者は、定められた償還期日までに貸付金を償還しないときは、当該償還期日の翌日から償還した日までの日数に応じ、その延滞した額に月10.75パーセントの割合で計算した違約金を納付しなければならないものとする。
  • 前項の違約金を算定する場合において、算定額に100円未満の端数があるとき又はその全額が500円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てるものとする。

お問合せ・お申し込み

地区母子会会長又は(一財)広島県母子寡婦福祉連合会

申込みは地区母子会長になります

携帯・スマートフォンの方はこちらから。

開所時間

午前9時~午後5時

休所日 年末年始

土・日・祝日は電話相談のみ

(午前10時~午後5時)

 

全母子協
(一財)広島市母子寡婦福祉連合会
(一財)福山市母子寡婦連合会